オーガニック・クーベルチュールが好評~!スイートオーガニック・ハイカカオチョコレートの「在庫あり」ならコチラっ♪

300gでの購入の場合!送料が高く感じられましたので星4つとさせていただきました。ビターチョコが好きなので購入してみました。その場合は!より甘みのある70%をおすすめします。

こ、これですっ!

2017年02月03日 ランキング上位商品↑

オーガニック・クーベルチュール スイート オーガニック・ハイカカオチョコレートオーガニック・クーベルチュール スイート C-80 300g 【オーガニック・ハイカカオチョコレート C-80】【有機JAS認証品】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

私はお菓子やパンに使うよりもほとんどそのまま食べています。レーズンとナッツもこちらで買ったオーガニックのモノを!湯煎したチョコに投入。思ってた以上に苦かったですが!そのまま食べても美味しいです。「良薬は口に苦し」と言いますが、その感覚でいただいています。少量でも満足するので!ダイエットになるかも? ならないだろうな〜(^^;ビターですね。毎日!少しづつ健康の為にと思い購入しました。HBでチョコチップ食パンを作るために購入しました。思ったよりも甘みがあり!『少し苦味のある普通に美味しいチョコ』という感じでした。。なくなったらリピしたいです。パンやお菓子に入れたらどんな風になるか楽しみです。さらに高いともっと良いのですが、これでも十分ですね。乳製品が入っていないのでベジタリアンもOKです。そして常温で食べることが大事。自他共に認めるチョコレート好きで、少しでも体にいいものを求めていますが、カカオ含有率が70%以上のものは美容にも良いという話もありますよね。要するにチョコバーとして食べたい。市販のもので86%を食べていたこともあったので!この80%も比較をすればとても食べやすいです。3種類ありますが!私はこのビター味が一番大好きです。そのまま食べると苦いですが、食パンの中に入れるとビターな感じで子どもでもパクパク食べてくれました。この値段でこんな有機チョコレートが買えるなんて思いませんでした。使ってみて!すぐに追加注文させてもらいました。市販のものにもカカオ80%のものもありますが!チョコレートだけじゃなくてナッツとかフルーツとかも欲しい。美味しいのですが!個人的にはもっとカカオマスに近いパンチのある味を想像していたので!そういう点では少し期待はずれでした。カカオ分が61%、70%、この80%と3種類ありますが私はこのビターなチョコが一番好きです。なんせチョコレートが好きなんですが、特に冬になると毎日でも食べたくなります。溶けるのも早いですし、とにかくおいしかったです。もっぱら!おやつです。ところが市販のチョコバーはカカオが少ないせいか、甘いばっかりでイマイチ物足りない。300gではあっという間に使いきっちゃうので1kgを愛用しています♪オーガニックでこの価格はかなりお得ですよ。程よい苦味で美味しいです。お菓子作りに使用する目的で購入しました。カカオ80と70を買って、まず80の方で作ってみました。もともとお菓子作りに利用するつもりで購入したのではないので!我が家ではこの苦さをこのまま味わうつもりですが!ほろ苦系のお菓子を作ったり!甘みを強調するのにそのまま使ったりもできそうです。製菓用でなく 私のおやつ用です。いろんなオーガニックチョコがありますが私はこれが一番お気に入りです。夫は「コーヒーには合わないな〜。今まで知らずに購入していましたが、こちらのクーベルチュール、フランスの会社でフェアトレード認証があるそうです。お値段も購入できる範囲なので、これからは安心して購入できます。経済的です。クリスマス!年始の集まり用の菓子がおいしくできそうです。まず、オーガニックでこのお値段は優秀です。ただ!慣れていない方には少々苦く粉っぽく感じるかもしれません。と、皆さんのレビューを見て感じています。ちょっとビター感のあるチョコレートです。溶かしてパンケーキなどに使用して美味しく頂いています。ついでにカカオニブとオールブランも入れて!香ばしくもカカオの薫り高いチョコバーができました。気に入りのチョコとナッツなどを口の中で合体するという手もありますが(笑)!いっそのこと自分好みのチョコバーを作ってしまえ!と…。苦味は80%であることから予想通りでしたが!コーヒーのお供に食べましたので口どけも普通で良かったです。生チョコを作りましたが!大人な生チョコになって満足です。チョコレートの原材料の割合の高いのを購入しています。そのままでも!お菓子やパン作りにもGOODでかなりのリピーターです。ここのはまず満足です。そのまま!食べています。酸味も少ないですし、味のバランスがいい。」と言っていますが、甘くないので口の中がべたつかず、特に飲み物が欲しくなるという感じではありません。甘みや苦味の感じ方には、とても個人差があるなぁ。